50代までの高血圧の原因はストレス?

高齢でもないのに、血圧が高くなってきて、

高血圧が気になっているという方、いませんか?

現代社会では50代までの、若者の高血圧が増えています。


なぜ若者の高血圧が増えるのか?

その原因は、ストレスが大きく関っています。


それでは、高血圧とストレスについて、

詳しく見ていきましょう。


○ストレスを感じるとどうなるか?

危険を感じたり、緊張したりすると、

人間の体はストレスを感じます。


体がストレスを感じると、体は身を守る為に

交感神経を活発化させ、筋肉や神経の活動を促します。


この交感神経の活発化が原因で、心拍数が上がり、血液量が増え、

さらには血管が収縮します。

そして、これらが高血圧の原因となっていきます。


○ストレスとうまく付き合う為には?

日常生活で、仕事をしたり、人と会ったり、

はたまた気温の上下でも、体はストレスを感じます。


しかし、高血圧の原因がストレスだからと言って、

原因であるストレスを、完全に排除する事は不可能です。


高血圧にならないためにも、

原因となるストレスと上手く付き合っていきましょう。


ストレスとうまく付き合うには

・ストレスを溜めない

・ストレスを解消する

の二点が大切です。


物事を深く考え過ぎるのは、ストレスの原因になります。

また楽観的な人は、ストレスを感じにくいとも言われています。

ストレスの多い現代社会、

ある程度の鈍感力が必要だと思います。


それと溜まったストレスを解消することも必要ですので、

運動や散歩や読書、趣味に没頭するのも良い方法です。

ストレス解消する方法を色々試してみて下さい。

スポンサーリンク