血圧を下げる食べ物

血圧が高い人は、血圧を下げる食べ物で正常値を目指すことが多いと思います。

それでは血圧を下げる食べ物には、どのようなものがあるのでしょうか?

まず食生活で血圧が上がる原因は、塩分の取りすぎが上げられます。

血圧を下げるには食事を作る時点で、塩分を控えめにするのはもちろんなのですが、余分な塩分を出して血圧を下げる効果のあるカリウムがたくさん含まれている野菜や果物、豆類などの食べ物を多くとりましょう。

例えば、ちょっとした洋食やスープにパセリを振りかけたり、朝食のパンを納豆ご飯に変えたり、果物を1品そえることでカリウムの摂取量を増やし血圧を下げることができます。


また血圧が上がる原因となる動脈硬化の改善のために、オメガ3や葉酸を多く取るように心がけましょう。

オメガ3は青魚やサーモン、亜麻仁油、エゴマ油、ごま油などの食べ物に多く含まれ、葉酸はレバーや緑黄色野菜などの食べ物に多く含まれています。

亜麻仁油やエゴマ油は独特な風味がありますが、これらの油分は熱を加えると壊れてしまうという欠点があるので、生で摂取することで血圧を下げる効果が期待できます。

そして血圧を下げると共に血管を詰まらせたり、動脈硬化を悪化させないために血液をさらさらにすることも大切ですね。

血液をさらさらにし血圧を下げる食べ物としては、タマネギやニンニクが効果があると言われています。

タマネギとニンニクは、メニューに取り入れやすく値段も手ごろな食べ物なので、食卓にあげる頻度をふやすといいですね。

これらの食べ物を食事に取り入れることで血圧を下げることが出来ます。

スポンサーリンク