脈拍 正常値

病院などで検査をする時に、血圧と一緒に脈拍を測りますが、この脈拍とはどのようなものなのでしょうか?

脈拍は心臓から血液を送り出す時に起こる動きで、その動きを動脈で測った時の値を脈拍と呼びます。

脈拍の正常値は、一般的な成人で1分間に60~100回です。

この脈拍は1分間に何回動くかの数値で表され、正常値は年齢によって変化し、乳幼児では100~140回と多く、年齢が上がると共に正常値の回数は減っていき高齢となると60~80回となります。


この脈拍の正常値の100回を超えた場合を「頻脈」、60回未満の場合を「除脈」と呼びます。

ただこの脈拍は、測るときの状態で大きく変わるので、脈拍が正常値より極端に多かったり少なかった場合は、安静にした状態でもう一度測ってみましょう。

脈拍が正常値をより大幅に多い場合は、不整脈や狭心症や心筋梗塞など心臓の疾患が疑われますので、すぐに医療機関に行ってください。

脈拍が正常値より少ない場合は、あまり心配がいらないといわれていますが、甲状腺の機能が退化していたり、心臓の刺激伝導に異常が出ていたりする可能性もあるので、こちらも医療機関で診察を受けましょう。


例外として日頃からスポーツをしているアスリートの人は、鍛えることで脈拍がきわめて低いスポーツ心臓になっていることがあります。

しかしマラソンや自転車競技など、持久力が必要とされるアスリートであったとしても、心臓疾患になっていることもあるので、脈拍の正常値を外れた場合はしっかりと診察を受けましょう。

スポンサーリンク