白衣高血圧の対策

血圧が高いとお悩みの方の中には、白衣高血圧と言われた方もいるかもしれません。

この白衣高血圧は病院や健康診断で血圧を測る時に、白衣を着た医師・看護師を目の前にすることで、緊張して血圧が上がってしまうというものです。


ただでさえ病気かもと心配して病院にいく訳ですので、緊張してますし、医師を特別な存在として見て、緊張してしまう人もいると思います。

ですのでこの白衣高血圧は、気の持ちようをしっかりする以外、対策がないといえば対策のないものなのです。


しかし対策がないとしても、病院で血圧を測るたびに血圧が上がってしまっては、本当は高血圧なのか白衣高血圧なのかが区別がつかずに、困ることになります。

白衣高血圧なのかを判別する対策としては、心臓の様子をみる機械を1日中つけて観察する、ということが行われますが、自分で出来る対策としては、日頃の血圧を自分で測定して、その数値をメモやプリントして持っていくということが有効です。


日常の血圧が正常で、病院や健診での血圧だけが高いとなれば、白衣高血圧ということが一目で分り、通常の高血圧の対策を取る必要が無くなります。

ただ白衣高血圧というのを、全く気にしなくていいという事はありません。


白衣高血圧が起こるということは、緊張によって血圧が上がりやすい体質だということだからです。

ですので緊張による高血圧の対策をしていかなければ、後々本当の高血圧になる可能性があるのです。

白衣高血圧だからといって油断せずに、日頃の血圧をしっかり測り、血圧が常に正常値でいるよう、対策を打って下さい。

スポンサーリンク