早朝高血圧の原因と治療

血圧が高い方で早朝高血圧といわれた方もいるかと思います。

早朝高血圧は脳梗塞や心筋梗塞の原因になるといわれていますので注意が必要です。


それでは早朝高血圧とはどのようなもので、原因はなんなのでしょうか?

早朝高血圧という言葉通り、早朝に高血圧になっているということです。

本来であれば、寝ているときには体はリラックスした休息状態になり、血圧は下がります。

そして起きてすぐの血圧なので、下がったままのはずなのですが、その血圧が高い人が早朝高血圧と呼ばれます。


ちなみに早朝高血圧の中でも、夜の高い血圧が寝ても下がらない方と、寝ている間は下がっているが起きるとすぐに急上昇する方、という2パターンの早朝高血圧がいて、それぞれ原因が違います。


夜の高い血圧が寝ても下がらないパターンの早朝高血圧の原因としては、糖尿病や腎臓障害によって、インシュリンの分泌が悪くなっていたり、自律神経の不調によって、夜に副交感神経に切り替わらなくなっているなどが考えられます。

起きるとすぐに急上昇するパターンの早朝高血圧の原因としては、寝不足や寝起きに急激に動くこと、他にも寝る前に飲んだ降圧剤の効果が切れたなどが考えられます。


治療としては、高血圧の原因のどろどろ血液をさらさらにすることと、起きてすぐに血圧が急上昇するという場合には、朝目が覚めたらすぐに起き上がるのではなく、布団の中でゆっくりと手足を動かしてから起き上がるなどの習慣をつけましょう。

また高血圧の原因になる、水分不足によるどろどろ血液を解消するためにも、水分を取ることは重要です。

枕元に常温の水をおいておいて、朝起きたらすぐに水分補給をするように心がけましょう。


生活習慣の改善で、早朝高血圧が改善しない場合や原因が分からない方は、24時間効果が続く降圧剤の服用などを医師に相談してして下さい。

スポンサーリンク