血圧を下げる方法

日本人には高血圧の人が多いのですが、血圧を下げるにはどうしたら良いのでしょうか?

まずは血圧が上がる原因はと言えば、遺伝・塩分の取りすぎ・ストレス・肥満などが挙げられます。

その中でも特に、塩分の取りすぎに焦点をあてて、血圧を下げる方法を考えていきます。

ファーストフードや外食に慣れてしまった現代人は、濃い味付けや高カロリーの食事を好み、その結果塩分やカロリーを取りすぎているのです。

高血圧は、塩分を取りすぎてるのが原因なので、血圧を下げるには塩分を取る量を減らせばいい訳です。

塩分を減らし血圧を下げるには、食事の減塩を考えなければいけません。

しかし、濃い味に慣れてしまっている人にとって、血圧を下げる為に、食塩を半分に減らした食事は、味気なく感じてしまいます。

血圧を下げるといわれても、生活の楽しみでもある食事が味気なくなってしまうのは非常に困りますよね。

なのでいきなり減らすのではなく、徐々に減塩して舌を減塩した食事に慣らしましょう。

簡単に食塩を減らし、血圧を下げるには、味付けに出汁に含まれるうまみ成分を生かすと効果的です。

例えば、お吸い物の出汁を濃い目にして醤油を減らしたり、普段醤油をかけて食べている茹でホウレン草を、醤油を出汁で割ったものをかけて食べれば、血圧を下げる効果があります。

一つ一つの減塩は微々たるものであっても毎日、毎食の食事となると血圧を下げる効果に大きな違いが出てきます。

また薄味にすることでご飯を食べる量が減り、肥満の予防になるのでダブルで効果的です。

また減塩醤油や塩分1/2の塩なども、スーパーなどで手に入りますので、うまく利用して下さい。

スポンサーリンク